Modulation

日常で気になる物や事柄をつづっています お気軽にコメントや足跡残して下さいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MDV-Z702,X702のサウンド設定方法(リスニング設定編)  

2.リスニング設定
タイムアライメント(TA)の設定をします。
左側のリスニングポジションと右側のフロントフォーカスがありますが
リスニングポジション設定の方が設定がやり易いと思います。
フロントフォーカスだとリアが強制的に2ms遅れる設定とかになり
思った通りに設定できないのですが慣れたらちょっと楽しめます。
IMG_0975_20160529144937be5.jpg
TAの設定はリスニング設定の
選択できる数の12設定を覚えさせることが可能なので
いろんな設定を試して設定しておくと良いですね。


1)ディレイの設定
スイフトの場合 右リアのスピーカーが一番近いです。
メジャーでSPからの距離を測り、入力したらオッケー
私はフロントはTWで測りました。
IMG_0976_2016052914523092a.jpg
フロント左120cm 
フロント右 80cm
リア左110cm
リア右 70cm
ディレイの計算は 最大の距離1.2から右フロント0.8なので
距離の差0.4÷343×1000(音速)=1.16ms
1.16msをフロント右を遅らせる事で左右の音が到着するのを合わせます。


2)レベル
スピーカーでも設定しましたがリスニング設定では0.5dbで微調整できます
IMG_0977_20160529145418e86.jpg

<おまけ情報>
リアのスピーカー出力が不要な方なら
フロントの出力をTWに繋いで
リアの出力をMIDに繋いだら フロントマルチが可能なのが判明しています。

変則なつなぎ方では 
RCAの出力は常時出力されているので
フロントとリアをRCAで TWとMIDを繋いで
ナビのリア出力でリアを鳴らすのでも良さそうな気がします。

MDV-Z702,X702の音設定は これにて掲載終わります。
スポンサーサイト
[ 2016/05/29 14:45 ] | トラックバック(-) | CM(0)

MDV-Z702,X702のサウンド設定方法(スピーカー設定編) 

スイフトのツイター(TW)を移動して設置したので
KENWOODナビ・MDV-Z702(X702)のサウンド設定を見直したので保管します。
尚 サブウーファー(SW)は付けてないので掲載出来ません。
※これは個人的に調整した記録ですので、
記載の内容に思い違いや誤りはあるかと思います。

 車の場合 運転席からスピーカーの位置が歪んでいます
ガラスは音をはじくしシートなど生地は音を吸収します。
スピーカーはフルレンジ全部の音を綺麗な音で出せないので
調整する事でなるべく聞きやすい音に調整が出来たら良いなと思っています。

1.スピーカー設定
IMG_0940.jpg
1.1 車両タイプの設定
 車の大きさや形状を指定するのですが
これはデフォルトのTA(タイムアライメント)を指定だと思います。
自力でサウンド設定すのなら指定しなくても問題ありません。
IMG_0963.jpg
IMG_0964.jpg


1.2 取り付け位置
フロントのスピーカー位置と指定します。
効果は 良くわかりませんヾ(゚Д゚ )。
フロントのデフォルトの距離でしょうか?
これも自力で調整する場合はそんなに気にしなくても良い様な気がします。
IMG_0962.jpg


1.3 スピーカー口径(フロント、リア、TW)
1)スピーカー(SP)の大きさを設定してください
IMG_0965.jpg
IMG_0966.jpg
IMG_0967.jpg

2)TWの口径
SMALL、MEDIUM、LARGEで指定してTWの周波数を指定します。
周波数を入力出来る様になってる方が楽なんですが
まあ大きさで指定するようです。
IMG_0967.jpg
①SMALL
SMALLに指定したクロス―バーだと5K
IMG_0970.jpg

②MEDIUM
MEDIUMだと2K
IMG_0972.jpg

③LARGE
LARGEだと0.8Kになるようです
IMG_0974.jpg


3)クロスオーバー
 アクティブ クロスオーバー設定で
スピーカー音の基本的な調整の元設定になります。
①フロントスピーカー(ミッドバス)を±0としてTWのレベル調整をします。
IMG_0958.jpg

リアのレベルを下げてフロントだけの音で調整する方が聞きやすいです。
音を聞きながらTWとフロントの繋がりが良いレベルにします。
私はTWが鳴り過ぎないでフロントと一体した音で聞こえるレベルにする様にしています。

②フロントのカットオフ周波数を調整します。
ハイパスフィルターの低音だけでなく中高音の音も聞きながら音がスッキリする様。
 低音を限界の所でカットしてスロープで減衰調整大きな数値にすると
キリッとした音になる様に思いますが 私の場合は6とか12を選ぶのが多いです。
個人的には音が濁らないですっきりする個所で調整出来る様にしています。
スピーカーによってはスルーの方が良い場合もあります。

③フロントスピーカーを±0としてリアスピーカーのレベル調整します。
この設定はフロントの音を引っ張り過ぎない適度にする様にしています。
フェーダーでも調整出来ますのでユニット単体の音量差を調整出来たらokかと思います。
IMG_0959.jpg

④リアのカットオフ周波数を調整します。
調整イメージはフロントと同じ感じです。
IMG_0960.jpg


2.リスニング設定
タイムアライメント(TA)の設定をします。
左側のリスニングポジションと右側のフロントフォーカスがありますが
リスニングポジション設定の方が設定がやり易いと思います。
フロントフォーカスだとリアが強制的に2ms遅れる設定とかになり
思った通りに設定できないのですが慣れたらちょっと楽しめます。
IMG_0975.jpg
TAの設定はリスニング設定の
選択できる数の12設定を覚えさせることが可能なので
いろんな設定を試して設定しておくと良いですね。

1)ディレイの設定
スイフトの場合 右リアのスピーカーが一番近いです。
メジャーでSPからの距離を測りまって入力したら
基本オッケー☆⌒d(´∀`)ノ フロントはTWで測りました。
IMG_0976.jpg
フロント左120cm 
フロント右 80cm
リア左110cm
リア右 70cm
ディレイの計算は 最大の距離1.2から右フロント0.8
なので距離の差0.4÷343×1000(音速)=1.16ms
1.16msをフロント右を遅らせる事で左右の音が到着するのを合わせます。

2)レベル
スピーカーでも設定しましたがリスニング設定では0.5dbで微調整できます。
IMG_0977.jpg

[ 2016/05/06 04:32 ] | トラックバック(-) | CM(0)
FC2カウンター


現在の閲覧者数:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。