Modulation

日常で気になる物や事柄をつづっています お気軽にコメントや足跡残して下さいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デジカメ 絞りF値の違い デジイチ 10D編  

<一眼レフ デジカメ編>
一眼レフデジタルカメラのCanon EOS 10Dを使用して
室内で絞りを変えて撮影してみました。
使用機材:
Canon EOS 10D
Canon EF50 F1.8 II

<F1.8>
IMG_5835.jpg

■モデル Canon EOS 10D
■画像サイズ 3072 x 2048
■フラッシュ使用 いいえ
■焦点距離 50.0 mm
■ISO感度 200
■レンズ解放F値 F1.8
■測光モード 分割測光
■撮影モード Av (絞り優先AE)
■使用レンズ 50.0mm
■ホワイトバランス 自動
■フォーカスモード ONE SHOT AF
■測光方式 評価測光
■シャッタースピード 1/30 sec
■絞り F1.8

<F2.8>
IMG_5836.jpg

■シャッタースピード 1/15 sec
■絞り F2.8

<F3.5>
IMG_5837.jpg

■シャッタースピード 1/10 sec
■絞り F3.5

<F5.6>
IMG_5838.jpg

■シャッタースピード 1/4 sec
■絞り F5.6

<F8.0>
IMG_5840.jpg

■シャッタースピード 1/2 sec
■絞り F8.0

<絞りの様子>
F1.8->F2.8->F3.5->5.6->F8.0
段々シャッター速度が遅くなります。
被写体深度も広域にわたりピントが合うようになります。
F5.6から手持ちでは手ぶれする様になりますね。
手ぶれ防止 機能より明るいレンズで沢山とった方が
人物特に止まってくれないお子さん写真は特に確実ですね。
[ 2006/06/29 02:57 ] デジカメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター


現在の閲覧者数:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。