Modulation

日常で気になる物や事柄をつづっています お気軽にコメントや足跡残して下さいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

W41CA 動画再生 SDビデオ編 

SDビデオ再生と言うのがあるのでやってみました。
使用ソフトは前回と同様フリーの携帯動画変換君で作成しました。

まず 携帯動画変換君がおいてあるフォルダーにある
Transcoding.iniを削除して、SDビデオのASFファイルを選択して
設定します。

設定ファイルセレクター>




<変換画面>
SDV002.jpg


変換したい動画を携帯動画変換君にドロップします。

<変換されたファイル>
SDV003.jpg

指定した場所にこの様に ASFという拡張子でファイルが出来ました。

<PCで確認>
SDV004.jpg

PC環境で見てみました。
見事に変換されています。作者の方に感謝します。

<携帯へ転送>
SDV005s.jpg

携帯をM553でマスストレージにしてPCに接続します。
SDにSD_VIDEOというフォルダーがありますのでそこに
「PRL001」フォルダーを作成して ファイルを転送します。
転送後ファイルを「MOL001.ASF」というファイル名に変更しております。

<携帯で確認>
SDV006.jpg

EZムービーと違うのは キャプチャーが作成されていますので、
それを表示して見ました。


問題点
この方法で作成したSDビデオはファイルを選択して始めから
再生する事は出来ませんでした。 
ただし、キャプチャーを表示し選択する事で再生は可能です。
[ 2006/03/02 00:22 ] モバイル | TB(0) | CM(15)
私が変換したのは 画像Dvixに音声Mp3のものです、元ソースによっては携帯動画変換君が変換出来ないかもですね。私が何度かしているのではエラー報告画面の様なのは出ませんでした。
[ 2006/05/21 22:10 ] [ 編集 ]
iniファイルを保存し、TV用QVGA V192の設定でやったのですが、やはり動画は再生されるも音声が聞こえてこないという結果に。ここでふと思ったのですが、変換前の元のファイルの拡張子によって結果は変わったりすると思いますか。ちなみに自分の変換元のファイルの拡張子はdvr-msというものです。Windows Media Centerでテレビ録画をするとこの拡張子になります。(PV用WQVGA V380で設定すると変換終了間際にエラー報告画面が表示されてしまうので、PV用はまた改めてやってみることにします。)
[ 2006/05/21 03:21 ] [ 編集 ]
下記の手順でしてみて下さい。

1.メモ帳でファイル名を名前をつけて保存で
携帯動画変換君のフォルダーうちの場合(3GP_Converter)にあるdefault_settingと言うフォルダーに  w21ca_audio.iniと言う名前で保管します。
2.携帯動画変換君のフォルダーにあるTranscoding.iniを削除します
3.携帯動画変換君を起動すると「Transcoding.iniエラー」となりOKをクリックします。
4.「変換君」設定ファイルセレクターが出てきますので、「W21CA用の設定です」を選択します。
[ 2006/05/21 02:49 ] [ 編集 ]
以前から思っていたのですが、このようなiniファイルはどのようにして保存すればいいのでしょうか。メモ帳に貼り付けてその後どうするのかがいまいちわかりません。あまりに何も知らなさ過ぎて非常に申し訳ないです・・・m(_ _)m
[ 2006/05/21 02:36 ] [ 編集 ]
gavanさん こんばんは わたしはこのiniを使って変換しております。もし 違う場合は試して見てくださいm(_ _)mペコリ
[ 2006/05/21 02:10 ] [ 編集 ]
[Info]
Title=W21CA用の設定です。
Description=W21CA用の設定です。

[Item0]
Title=音楽をLC-AACに変換します。128kbps (動画偽装)
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -f image2 -loop -shortest -i "<%AppPath%>\cores\soundonly_%02d.jpg" -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -s 176x144 -r 1 -b 8 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2(EZ)_QCIF_AAC.ini"
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Add_mfra.ini""
Command3="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""

[Item1]
Title=音楽をLC-AACに変換します。64kbps (動画偽装)
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -f image2 -loop -shortest -i "<%AppPath%>\cores\soundonly_%02d.jpg" -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -s 176x144 -r 1 -b 8 -acodec aac -ac 2 -ar 32000 -ab 32 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2(EZ)_QCIF_AAC.ini"
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Add_mfra.ini""
Command3="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""

[Item2]
Title=音楽をHE-AACに変換します。48kbps (動画偽装)
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -f image2 -loop -shortest -i "<%AppPath%>\cores\soundonly_%02d.jpg" -i "<%InputFile%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -s 176x144 -r 1 -b 8 -an -f m4v "<%TemporaryFile%>.m4v" -ac 2 -ar 44100 -ab 128 -f wav "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""<%AppPath%>\cores\aacenc32"-cbr 48 -profile HE "<%TemporaryFile%>.wav" "<%TemporaryFile%>.aac""
Command2="rm "<%TemporaryFile%>.wav""
Command3=""<%AppPath%>\cores\mp4creator60" -optimize -mpeg-version=4 -c="<%TemporaryFile%>.aac" "<%TemporaryFile%>.mp4""
Command4=""<%AppPath%>\cores\mp4creator60" -r=1 -optimize -c="<%TemporaryFile%>.m4v" "<%TemporaryFile%>.mp4"
Command5="rm "<%TemporaryFile%>.aac""
Command6="rm "<%TemporaryFile%>.m4v""
Command7=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.mp4" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2(EZ)_QCIF_AAC.ini"
Command8="rm "<%TemporaryFile%>.mp4""
Command9=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Add_mfra.ini""
Command10="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""

[Item3]
Title=音楽をHE-AACに変換します。48kbps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -bitexact -vn -ac 2 -ar 44100 -ab 128 -f wav "<%TemporaryFile%>.wav""
Command1=""<%AppPath%>\cores\aacenc32"-cbr 48 -profile HE "<%TemporaryFile%>.wav" "<%TemporaryFile%>.aac""
Command2=""<%AppPath%>\cores\rm" "<%TemporaryFile%>.wav""
Command3=""<%AppPath%>\cores\mp4creator60" -optimize -mpeg-version=4 -c="<%TemporaryFile%>.aac" "<%TemporaryFile%>_2.3gp""
Command4=""<%AppPath%>\cores\rm" "<%TemporaryFile%>.aac""
Command5=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_VOICE_for_W21SA.ini""
Command6=""<%AppPath%>\cores\rm" "<%TemporaryFile%>_2.3gp""

[Item4]
Title=PV用の設定です。WQVGA V:420 A:128 15fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 1 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec mpeg4 -s 400x240 -r 15 -b 420 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3g2""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 2 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec mpeg4 -s 400x240 -r 15 -b 420 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3g2""
Command2=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" -c QT3GP2_WQVGA1000.ini"
Command3="rm "<%TemporaryFile%>-0.log""
Command4="rm "<%TemporaryFile%>.3g2""

[Item5]
Title=PV用の設定です。WQVGA V:380 A:128 15fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 1 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec mpeg4 -s 400x240 -r 15 -b 380 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3g2""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 2 -passlogfile "<%TemporaryFile%>" -async 1000 -bitexact -vcodec mpeg4 -s 400x240 -r 15 -b 380 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3g2""
Command2=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" -c QT3GP2_WQVGA1000.ini"
Command3="rm "<%TemporaryFile%>-0.log""
Command4="rm "<%TemporaryFile%>.3g2""

[Item6]
Title=TV用の設定です。QVGA V:192 A:64 15fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -fixaspect -s 320x240 -r 15 -b 192 -acodec aac -ac 2 -ar 32000 -ab 32 -f 3gp -muxvb 64 -muxab 32 "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2_QVGA_AAC.ini"
Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Add_mfra.ini""
Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""


[Item7]
Title=TV用の設定です。QVGA V:160 A:48 12fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -fixaspect -s 320x240 -r 12 -b 160 -acodec aac -ac 2 -ar 24000 -ab 24 -f 3gp -muxvb 64 -muxab 32 "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2_QVGA_AAC.ini"
Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""
Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Add_mfra.ini""
Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3g2""
[ 2006/05/21 02:08 ] [ 編集 ]
どうやら自分の場合はその逆の現象が起こっているようです。こっちはスピーカーアイコンの横にOFFと表示され、どこを押してもONになることはありませんでした・・・
[ 2006/05/21 02:00 ] [ 編集 ]
こんばんは 特に音声をくっつけるソフトなどは使用しなくて再生できておりました。
再生中に8を押したらガイドが表示されるモードで見ると下にあるスピーカーアイコンの横にONと表示されています。音量を絞ると上の所にあるボリュームが上下して0になったときに上の音量の所がスピーカーマークに斜線になりました。
下のアイコンの所はONのまま変化ありませんでした。
[ 2006/05/20 23:44 ] [ 編集 ]
上の方法でやってみたら、見事再生することができました。しかし、動画は再生できたのですが、音声が全く聞こえてきません。マナーモードに設定してるわけでもなく、ボリュームを上げようとしても上がる様子が全くありません。何か音声を別にくっつけるためのソフトが必要なのでしょうか。
[ 2006/05/20 22:53 ] [ 編集 ]
http://chinu99.blog28.fc2.com/blog-entry-9.html
こちらのW41CA 動画再生での方法の事なのですが基本的に操作は同じです。
[ 2006/05/20 04:28 ] [ 編集 ]
偽装着うたエディタでminiSDを読み込ませるとSDビデオのフォルダが作成されるのですか?あと、TV用の意味がよくわからないのですが・・・
[ 2006/05/20 01:18 ] [ 編集 ]
SDビデオのフォルダーは私の場合は 偽装着うたエディタ というフリーソフトhttp://homepage2.nifty.com/ONTHEROAD/tools/が作成したのだと思います。TV用の方はどうでしたでしょうか?
私はSDビデオの方はこの実験以来つかってなくTV用が音がステレオなので使用しています。(;^_^A アセアセ
[ 2006/05/19 01:14 ] [ 編集 ]
隠しにはなってないんですか・・・かなり無謀ではありますがマスストレージモードを使ってminiSDフォルダ内に無理矢理SD_Videoフォルダを作ったり、一度PCフォルダに入れてやってみましたが、両方ともダメでした。他に何か可能性はないですかね?質問ばかりで本当にすみません。
[ 2006/05/18 01:11 ] [ 編集 ]
こんにちは gavanさん
うちのんで今見ましたら SD_AudioとSD_Voiceが隠しになっています。
SD_VideoとSD_BINDは読み込み専用とはなっていますが隠しにはなっていませんでした
[ 2006/05/17 03:15 ] [ 編集 ]
マスストレージモードを使って普通にSD-VIDEOとSD-BINDのフォルダは表示されましたか?自分もW41CAを使っているのですが、自分のはSD-VIDEOとSD-BINDフォルダが全く表示されず、SD-AUDIOフォルダは隠しファイル扱いになっていたのですが・・・
[ 2006/05/17 01:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター


現在の閲覧者数:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。