Modulation

日常で気になる物や事柄をつづっています お気軽にコメントや足跡残して下さいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Qnap TS-212 買ってみた 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

Qnap TuboNas TS-212が値段が安くなっているので購入してみました。
SOFMAP送料込み16380円でした。
DSC_0278.jpg
12月31日に注文したら元旦に届きましたw

<内容物>
本体とCDROM
DSC_0282.jpg
ACアダプター
LANケーブル
Sataケーブル1本
Sata電源ケーブル1本
DSC_0281.jpg

HDD装着でケースを開けると
ファンもファンコネクターも見えてるので交換も簡単で いい(≧∇≦)b ですね
DSC_0283.jpg

別途用意したHDD
Seagateの3Tを2本用意しました。2本で21000円です。
DSC_0285.jpg

HDDをつけた所
1本目は基板上のコネクターにさして
2本目は付属のケーブルで取り付けます。
DSC_0287.jpg

<初期設定>
付属のCDではファームが古いので
QNAPからファームとQnapファインダーをダウンロードして設定すると
あとでファームアップをする必要がありません。

初期設定でHDDのフォーマットを行いますが
フォーマットは RAID0、RAID1、RAIDなし、リニアディスクボリューム
ファイルシステムはEXT3かEXT4ですね。
USB端子は前面に1個 背面に2個あります。
背面に別のNASから取り出した 
MZK-NAS02SGでフォーマットしたExt3のHDDを装着したら
そのまま認識しますので移行も割りに簡単で
WebFileManegerで操作すればTS-212内でプロセスが動いて複写できます。
プロセスはWebリソースモニターでPIDまで見れます

難点といえば 個々のサービスのフォルダーが初期設定で作成されるのですが
選択できないのですべて 1本目のHDDに作られてしまいます。
たとえば ituneサーバーとフォトのデータは1本目 downloadサービスは2本目と分けれないのです
分けれないのなら2本にするのが難しいので・・・・
リニアディスクボリュームで結局 再フォーマットしました。

---------------------------------------------------
1本目2006年 IODATA LANDISK HDL-F250 (20000円位)
NASってのがほしくて買ったモデル
拡張性と速度の遅さであまり使わずお蔵入りw
---------------------------------------------------
2本目2006年 IODATA LANDISK HDL-G300U(39800円位)
Giga対応でUSBで拡張できるからと購入し中を500Gに交換し
USBにHDDを2本つけて稼働中 
USBのHDDの電源も落ちるので便利かな?
中がUSBのケースもすべてIDEで構成しているので
現在拡張で出来ない状態です
---------------------------------------------------
3本目2008年 PLANEX MZK-NAS02SG(ケースだけで25000円位)
IOより少し拡張性があるようで実際は対してないっていうか
今となってはマルチメディア系のデータを保管するには遅いし
割りにハングして止まってしまったりしますしデフォでは
ファンするさ過ぎでがファン交換が面倒な問題児
---------------------------------------------------
うちでは4本目のNasになるのですがやっとまともなのを買った感じですね
実はこのTS-212は5本目のNasでして
4本目に注文したNASは まだ届いてません 
届いたら ちょっと面白そうって買った安いNASはまた掲載します。

<実際に使ってみて>
データをNAS内で移動や複写できますので
WEBでファイル操作できるのは便利です。
操作を指示できたらブラウザーを外せたらもっと便利です。
速度はいままでのナン茶ってNASと違い早いです。

[ 2013/01/02 16:03 ] PC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター


現在の閲覧者数:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。