Modulation

日常で気になる物や事柄をつづっています お気軽にコメントや足跡残して下さいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Scan Speak 装着 

2週間かかってやっとScan Speakの15W4531Gを装着しました。


IMG_1660.jpg


インピーダンス:3.4Ω
再生周波数帯域:30Hz~6000Hz
fs:39.5Hz
出力音圧レベル:87dB
入力:60W
バッフル開口径:125mmφ
重量1.6㎏

<装着>
このスピーカーは15cmで装着楽そうなのですが・・・
おしりが110mmと大きいので中々苦労しました(ノ_・。)
取り付けるのに 友達からバッフル作って貰い非常に助かりましたm(__)m
実際つけるのに買ったもの
ステンキーU:5千円弱
充電型ドリルドライバー:約5千円(ACのものしか持って居なかったので)
ドリルドライバー 鑢ピット2本:2千円ほど
タッチアップペン
ブチルゴム
スピーカー止める木ネジ
バッフルとめるボルトナット
色々必要でした・(笑)

<ファーストインプレッション>
音は低音から高音域まで濁らずに良くでます
30~6000なのでこれ一本でも殆どの帯域がカバー出来るので有る意味
twとのバランス合わせと言う意味で、何処までも鳴るから調整が難しいのです・・・・
昨夜より設置後の調整を始めましたが、
色んな音の設定が出来るので楽しいユニットであるのは間違いありませんw


[ 2007/12/04 09:32 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター


現在の閲覧者数:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。